2014/07/27

フランスパンを作って食べた-41

【発酵種】
昨日、1次発酵を終えて4分割したうちの1つを冷蔵庫へ入れておいた。
温め;35℃×30分間。


強力粉(トライアル) 300g
ドライイースト 3g
砂糖 6g
塩 6g
水 210g


シリコーンヘラでまとめた。
15分間放置。
手で混捏 5分間。
温めておいた発酵種を投入。
手で混捏 5分間。


1次発酵 35℃×30分間。
オーブンレンジの操作を間違えたおかげで、ちょっと熱いくらいに温度が高くなっていた。
50℃程度か?


取り出して5分割。
そのうち1分割ぶんは次回の発酵種として冷蔵庫へ。


テーブルタイム 10分間。
放置していた間に膨れた。
幸い酵母はまだ生きていた模様。


成形。
水 70% にしたので柔らかい。
2次発酵;ポリ袋に入れ室温×15分間。


切れ目入れ。
霧吹き。
焼成 210℃×25分間。


大きな気泡はできていなかった。


P1100131


本日は1次発酵で温度設定を間違えて失敗。

2014/07/26

フランスパンを作って食べた-40

【発酵種】
強力粉(トライアル) 100g
ドライイースト 1g
砂糖 2g
水 65g


混捏 5分間。
発酵 35℃×120分間。


--- --- ---
強力粉(トライアル) 200g
ドライイースト 2g
砂糖 4g
水 130g
塩 6g


混捏 5分間。
発酵種を加える。
混捏 10分間。


1次発酵 35℃×30分間。
分割。
4分割したうち1分割ぶんを冷蔵庫へ保存。
テーブルタイム 15分間。
成形。
2次発酵 35℃×15分間。


切れ目を包丁で浅く入れた。
霧吹きを忘れた(水の噴霧テストまでしていたのに)。
焼成 210℃×30分間。


切れ目の広がり加減が絶妙。
糸を引いている様子は市販品並み。
底の幅が狭くて横断面が円に近いのも良い。


P1100119


内部に大きな気泡は出来ていませんでした。


P1100127


--- --- ---
発酵種を使うと、世代の異なる酵母が混ざることになって、気泡が2水準できるのかなと期待したのですが、大きな気泡はできませんでした。


砂糖の量はちょうどよかったようです。
30分間焼いても焦げませんでした。

2014/07/23

LoTW 照合状況 20140723

パナマ共和国 HP3AK 局との交信が照合されました。
3.8MHz - SSB でCQを出していることが多いように思います。


カタール国 A71AE 局との交信も照合されています。
RTTY での交信でした。


Lotw20140723


2014/07/21

LoTW 照合状況 20140721

イギリス連邦加盟国 アンティグア・バーブーダ V21ZG 局との交信が照合されました。


Lotw20140721


フランスパンを作って食べた-39

強力粉(トライアル) 300g
ドライイースト 3g
砂糖 6g
塩 6g
水 195g


混捏;手捏ね20分間。


トライアルの強力粉は、まとまった初期から、ほとんど捏ねなくても粘りが強い。
グルテン成分が多いのか。


1次発酵;35℃×30分間。
ガス抜き;手捏ね1分間。
2次発酵;35℃×30分間。


分割。
テーブルタイム 20分間。
成形。
2次発酵;35℃×20分間+ポリ袋内15分間。
霧吹き。
焼成;200℃×30分間。


大きな気泡はできませんでした。


P1100116


気泡が合一するほど(大きな気泡ができるほど)2次発酵を長くすると、生地がふにゃふにゃになって萎んでしまい却って膨らまない。
酵母の食糧に砂糖を使うのは難易度が高そう。
1次発酵、2次発酵での酵母の食べ残しが多いと焼成のとき焦げてしまうので皮が硬くなるまで焼けない。
控えめにすると2次発酵での食糧が不足して膨らまない。


麦芽を入れれば小麦粉を分解して酵母の食糧になるらしい。
発酵時間を長くするほど酵母の食糧が増えて酵母が増殖するらしい。
麦芽の難点は、スーパーで見かけないこと。

2014/07/20

フランスパンを作って食べた-38

強力粉 300g(オーマイ 242g、トライアル58g)
ドライイースト 3g
砂糖 6g
塩 6g
水 195g


混捏;手捏ね20分間。
1次発酵;35℃×30分間。
ガス抜き。
2次発酵;35℃×30分間。
ガス抜き。
4分割。
テーブルタイム;30分間。
成形。
ホイロ;35分間×10分間。そのまま放置60分間。
焼成;200℃×30分間。


砂糖を2%へと減らしたためか30分間焼いても焦げなかった。
表面の皮は薄いが砂糖4%のときよりもパリパリ感はある。
大きな気泡はできなかった。


P1100115


2014/07/19

フランスパンを作って食べた-37

強力粉(オーマイ) 300g
ドライイースト 3g
砂糖 12g
塩 6g
水 195g


手ごね 10分間。
およそ6分後に手への付着が減ってきたように感じた。


1次発酵;35℃、40分間。
分割。
テーブルタイム;20分間。
成形。
2次発酵;35℃、30分間。引き続きポリ袋で約15分間。


タオルとトレイで簡易スリップベルトを構成。
トレイをいったんオーブン奥まで差し込み、タオルをトレイの奥、下側から手前に引きながらトレイも手前に引き抜いて使用。
もう少し幅の広いスポーツタオルを使うとよさそう。


P1100106


左側が少しずれたものの、無事に棚板へ滑り込ませることができた。


P1100107


焼成;200℃、20分間。
表皮は薄くてやわらか。
中には大きな気泡はできていなかった。


P1100112


砂糖が多すぎるのか?
焦げやすいから長く焼けない。


明日はトライアルの小麦粉で挑戦の予定(胚芽とか酵母の食糧が多く含まれているのでは?)。
砂糖を減らしてみよう。
混捏のとき、ボウルから出して平らな板の上で練ってみよう。

2014/07/13

お客様をご案内

SteppIR ほか見学に YLさん1名を含め3名のお客様がありました。
東那須野へのアンテナ等設営ならびに遠隔操作を計画されていて、アンテナの候補として SteppIR を考えていらっしゃるとのこと。


まずアンテナを降下させて、屋上で手の届く高さで実物を見て頂きました。
那須地方で 8年間ほど使用した状態での経年劣化の度合いを確認して頂けたかと思います。


次にアンテナを上昇させ、室内で Front / Back を切り替えての信号強度の変化を確認して貰いました。
最初に聞いた 21MHz帯の 8N1HQ 局では、あまり変化は判りませんでした。


その後に聞いた AH0J 局では信号の変化が確認できて、私としては安心しました。


TS-2000 はあまり操作したことがないということでした。
確かに短波帯で海外局との交信用に使っている人は少ないとは思います。
でも私としては特に不自由を感じていないのです。
3.5MHz帯をはじめ受信感度に不足を感じたことはありません。
バンドスコープも使えませんが、特に困っていないし。
実際 DXCC も 300 を超えているし。


反省としては、もう少し私がいろいろと操作して様子をお見せしたほうが良かったかと思いました。
あるいは、日頃お使いの K3 をご持参頂いて、SteppIRに接続して貰っても良かったかと思いました。

フランスパンを作って食べた-36

強力粉(オーマイ) 300g
ドライイースト 3g
砂糖 12g
塩 5g
水 195g


混捏 10分間。
1次発酵 35℃、40分間。
オリーブオイルを塗ったボウル使用。


P1100093


4分割。
テーブルタイム 10分間。


P1100094


成形。
2次発酵 35℃、20分間。


P1100095


(+15分間ポリ袋内でオーブン昇温待ち)
切れ目を入れて、霧吹き。
右の2つのほうがガスをしっかり抜いた。
長さが揃っていないので判断しにくいが、膨らみが大きいようにも見える。


P1100096


焼成 200℃、25分間。


P1100097


網の上で冷却。


P1100101


大きな気泡はできませんでした。
オリーブオイルが核になるかと期待したのですが。

また外側の皮が薄い。
ソフトフランスみたい。


P1100104


2014/07/12

フランスパンを作って食べた-35

強力粉 300g(カメリヤ 118g, オーマイ 182g)
ドライイースト 3g
砂糖 12g
塩 5g
水 195g


混捏 10分間
拳の背でねじ込むように。
これまでは粉がまとまったらそれで終わりにしていた。
味噌状であった。
今回は少し膜ができる程度となった。
ベタツキも少ないような気がする。


1次発酵 35℃、45分間。
これまでと比べて生地の肌理が細かい。


P1100081


4つに分割してテーブルタイム10分間。
少し膨らんで隣同士がくっついた。


P1100082


成形。
2次発酵 35℃、35分間。
オーブンに切り替えて200℃に達するまでの約15分間は袋の中に。


P1100083


切れ目を入れた。
2次発酵が進みすぎた。
それでも切れ目は開いた。
包丁を入れる時の手ごたえがこれまでとは違う。
混捏の影響と思う。


P1100084


霧吹き。
焼成 200℃、25分間。


P1100085


キッチンペーパーで覆われた部分が多かったためか天面しか焼き色がつかなかった。
2次発酵が進みすぎていて移し替えをあきらめたのだった。
内部に大きな気泡はできなかった。


P1100090_2


もしかしてサラダオイルを少し含ませると大きな気泡ができる?

2014/07/11

LoTW 照合状況 20140711

フランスの海外準県サン・マルタンの FS/W6IZT 局との交信が照合されました。
先月の交信になります。


Lotw20140711


2014/07/10

製パン入門

台風のため早めの退社となりました。
市の図書館から借りていた「製パン入門」平成12年改訂27刷(株式会社ベーカーズカンパニー)を少し読みました。


110ページに「秀でた製品を作るためには、たっぷり生地混捏を行い生地加水率も十分にして、フロアタイムをやや長めにとるとよい。」と書かれています。


これまで私は混捏はほとんどしていませんでした。
生地がまとまったら終わりにしていました。


手に生地が付着するのを避けるため、加水率は60%と低めを好んでいました。


フロアタイムはせっかく対数的に発酵し始めたのを中断することになると思い、また生地が傷むなんて非科学的とも思い、まったくとらずに分割してすぐに成形を開始していました。


それと、ディスカウントストア、トライアルのプライベートブランドの強力粉は調子が良い感じがしていたのですが、製粉の際に傷んだ原料や灰分の多い原料はブドウ糖へと分解され易くイーストフードの役割を果たすということで、納得してしまいました。


次の週末は、初めて生地を捏ねてみようと思います。

2014/07/07

S01WS 局との交信

西サハラ S01WS と交信できました。


日本時間、2014年07月07日、05時40分
今日は06時30分には出社していたいため、いつもよりも早起き。
念のために受信してみると 21.240kHz - USB にて S01WS 局の信号が聞こえた!


2014年06月10日頃に 18MHz - SSB で「QRZ JA」の声を聞いたのが最初で最後。
それきり声のカケラも届いてこなかった。


でも今朝は違った。
しゃべっている音声がほとんど聞き取れるほど。


3kHz高い周波数で呼ぶべきか、それとも 5kHz高めか?
5kHz高めで呼んでいるのはクロアチア共和国の局か?


まずは5kHz高めの 21,245kHz で呼んでみることに。
なんと1回呼んだだけで「PTT?」との返事が。
送信出力を500Wから1kWへ増やして呼びかけて、無事に交信成立。


ほっとして受信していたら「Tango Tango?」と聞こえたので、念のためにもう1度呼んだ。
「7K1PTT は交信できてるよ。大丈夫だ。Another Tango Tango?」


ということで、確かに交信できたことが判りました。


早起きしたものの大変気分良く出社できました。


S01ws


2014/07/06

CTESTWIN 3.82 での周波数取り込み

開始したころ
周波数の取り込みできず。


中間ころ
周波数の取り込みができない(試行5回)旨のメッセージウィンドウが毎回開いて煩わしい。


終わりころ
周波数の取り込みができるようになった。


特に設定を変更したつもりはないのですが、いつの間にか調子が悪くなって、いつの間にか調子が良くなっていました。


Ctestwin


フランスパンを作って食べた-34

強力粉 300g
ドライイースト 3g
砂糖 9g
塩 5g
水 195g


1次発酵;40℃×60分間
成形:4分割
2次発酵;40℃×90分間
PETボトルを縦割りにしたトレイを4つ用意した。


P1100073


トレイに皿を乗せて熱容量をかせぐ。


P1100074


隅に水を入れたステンレス容器を置き水分(蒸気)を補う。
2次発酵 40℃×90分間は長すぎたようだ。
生地に張りが無くなっている。


P1100076


焼成;200℃×20分間


P1100077


大きな気泡はできなかった。
それと、底面が白い。


P1100080


CTESTWIN 3.82 を使い始めました

コンテスト用のロギングソフトとしてこれまで zLog を使っていました。
サポートがなされなくなって久しいことから別のソフトウェアを探してみました。


CTESTWIN を久しぶりに確認しましたところ、以前はスピーカー音声によるキーイングだったものが、RS-232C(COM Port)からもキーイングができるようになっていました。


昔 PC-9801 のラップトップタイプで使っていたインターフェースを発掘。


P1100068_2


残念ながら 9pin の RS-232C 端子は見当たりませんでした。
代わりに、昔 zLog にてキーイングしていたときの 25pin の端子と、9pin - 25pin の変換コネクタを発見。


これらを組み合わせて、なんとか使えるようにしました。


P1100070


フランスパンを作って食べた-33

強力粉 300g(カメリヤ)
ドライイースト 3g
砂糖 9g
塩 4g
水 180g


1次発酵 40℃×60分間
成形
2次発酵 40℃×60分間


P1100062


蒸し焼き 230℃×7分間


P1100063


焼成 200℃×20分間
大きな気泡はできませんでした。


P1100066


2014/07/05

マスコミによる情報操作

マスコミの現状は情報操作。
まずは事実を淡々と伝えるべき。


集団的自衛権に関する偏向報道の現状;
集団的自衛権の行使容認に関する閣議決定
http://blog.livedoor.jp/hosoyayuichi/archives/1865199.htmlr

2014/07/03

LoTW 照合状況 20140703

アルバニア共和国 ZA/ON6NB 局との交信が照合されました。


Lotw20140703

2014/06/29

フランスパンを作って食べた-32

強力粉 300g
ドライイースト 3g
砂糖 9g
塩 4g
水 180g


1次発酵 40℃、90分間
成形


P1100057


テーブルタイムなし
2次発酵 40℃、50分間
霧吹きなし
焼成 200℃、20分間


よく膨らんで柔らかめになりました。
大きな気泡はできませんでした。


P1100061


2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カウンター

  • Flag Counter
    free counters
Powered by Blogzine[ブログ人]